香港の100万ドルの正体とは

100万ドルの夜景の100万ドル子は電気代のこと夜景の美しさをさすこの言葉ですがこれは六甲山から見下ろした神戸の夜景を言い表したものだそうです。
昭和28年に発行された関西電力広報誌開けゆく電力の中で当時の副社長だった中村香苗氏が100万ドルの夜景というエッセイを寄稿していますその中では DOG 六甲山に登った話に触れ音に聞く100万ドルの夜景を観賞することができた。
実に名の如く相関であると記されていますまた実際に六甲山から見える大阪尼崎神戸芦屋の4種を合計してみると49067000灯の明かりがありその一か月当たりの電気代は当時のドルに換算すると100万ドル強と偶然かもしれませんがおおよそ一致したそうです。
門松の竹はなぜ斜めに切ってあるのか門松はもともと徳川家康が浜松城に飾ったのが始まりと言われています江戸幕府が開かれると江戸城にも飾られるようになりましたが当時は何も細工をしないだけの束でした