灰色の人生

灰色の人生でした。
でも、そこから僕の人生は変わりました。
今では結婚して、子供が二人います。
この子供の存在がとんでもなくデカイのです。
僕が仕事から帰ってくると、二人の子供はいつも玄関まで出てきて「ただいまー!(おかえりの間違い)」と僕の足元に抱き着いてきます。
何も面白いことを言わない僕に、二人の子供は見返りを求めない笑顔を向けてくれます。
彼らのおかげで、人生は十分楽しいし、僕は生きている価値があるし、何より必要とされている。
僕は毎日、そう思いながら生きることができています。
灰色の時代のことを思うと、信じられない変化です。
さて、僕はいったい何をやったのか?
特別なことは一切していません。