少年と狼

昔、丘の上で草を食む村の羊を見ていて退屈していた少年がいた。彼は自分を楽しませるために、「オオカミ!オオカミ!オオカミ!」と歌いました。オオカミだ! オオカミが羊を追いかけているぞ!」と歌いました。
その声を聞いた村人たちは、オオカミを追い払おうと丘の上まで走ってきました。しかし、実際に行ってみると狼はいませんでした。村人たちの怒った顔を見て、少年は面白がった。
「狼がいないのに、狼と叫ぶな!」と村人たちは注意しました。村人たちは怒って丘を下りていきました。
その後、羊飼いの少年は再び「オオカミだ!オオカミだ!」と叫びました。オオカミだ! オオカミが羊を追いかけている!」と叫んだ。村人たちが狼を追い払おうと丘を駆け上がってくるのを、羊飼い少年は面白がって見ていました。
狼がいないのを確認した村人たちは、「その怯えた声は、本当に狼がいたときのためにとっておきなさい」と厳しく言いました。狼がいないときに『狼』と叫ぶな!」と厳しく言いました。しかし、少年は彼らの言葉にニヤリと笑い、彼らはまた不機嫌そうに丘を下りていきました。
その後、少年は本物のオオカミが自分の群れの周りをこっそり歩いているのを見ました。驚いた少年は、飛び上がって大声で「オオカミだ!オオカミだ!」と叫びました。 しかし、村人たちは、また騙されたと思って、助けに来てくれませんでした。
日が暮れると、村人たちは、羊を連れて帰ってこない少年を探しに行きました。丘の上に行ってみると、少年は泣いていました。
「本当にオオカミが来たんだ。本当にオオカミが来たんだ!羊がいなくなった!」と泣いていた。「叫んだけど、来てくれなかった」と泣いていた。
老人がその子を慰めに行きました。老人は少年に腕を回しながら、「嘘つきは、たとえ本当のことを言っていても、誰も信じない」と言った。