入社しないほうがいい会社とはどんな会社?特徴を調べてみた。

いわゆるブラック企業ともいわれる「入社しないほうがいい会社」
これらの会社にはどのような特徴があるのでしょうか?

求人情報からも入社しないほうがいい会社の特徴は分かります。

例えば、採用人数が異常なほど多い。
一般的な経験者採用の場合の採用人数は1~2名。

新卒採用の場合は数百から数千と一括採用のため多く取りますが即戦力採用は違います。

企業が求める人材のみを取るため人数は少なくなるのが一般的。
しかし、これらの人数より多い人数の場合は注意が必要です。

なぜなら、多くの人材を取らないと経営が回らない、
ということは、それだけ人材流出の多い「不人気企業」であることが分かります。

他にも長期間求人を出す企業も注意が必要です。
これは採用人数が多いということと繋がりますが、採用できないからずっと求人を出します。

でも、一般的な掲載期間は4週間程度。
人気の企業であればすぐに求人はなくなります。

そうですよね?商品でも希少性のある人気商品であればすぐに売れます。
でも、売れ残っているということはそれだけ理由があるということです。

他にも多くの特徴が存在します。
事前にリサーチして企業研究を重ねることで入社しないほうがいい会社への入社を避けることは可能です。

他の特徴・情報を知りたい方は、以下参考記事も合わせてご覧ください。

参考:【入社しないほうがいい会社】特徴10個と見分け方をランキングで解説