ワキガ臭の原因

人間の汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。エクリン腺は体の表面にあり、サラサラとした汗を分泌します。この汗は99%が水分で、蒸発しやすいので、拭けば臭いを気にする必要はありません。
アポクリン腺は、脇の下や陰部、耳の穴など、体の特定の部分にあり、タンパク質や脂肪を含む粘り気のある汗を分泌し、ワキガのニオイの原因となるのは、このアポクリン腺からのネバネバした汗となります。この汗には皮脂(脂肪酸)が多く含まれており体表の細菌によって分解されると、酸性の強い臭いが発生します。
アポクリン腺の活動は主に中学生~高校生の思春期頃から症状が出始めます。特有の匂いを発する体質的な事であり病気ではありません。
白いシャツに黄ばみができたり、耳アカが湿っている、 緊張や興奮するとすぐ汗ばんだり、足が臭う、両親や親戚にワキガや多汗症の方がいる、ワキの毛が毛深く、色素沈着があるなどの方はワキガの可能性が高いので何らかの対策をしてあげましょう。