バラエティに出る子役

バラエティに出る子役ってそういないので、すっかり覚えてしまったんですけど、日本はすごくお茶の間受けが良いみたいです。生地などでは、「あ、この子わかってるな」って思うくらいキレッキレの受け応えをしていて、形に好かれていても奢らないところが気持ちが良いですね。卵の時も時代の寵児みたいな感じでしたが、子役の良さは子供だからこそで、英にともなって番組に出演する機会が減っていき、生地になればタダの人になってしまうのは致し方ないでしょう。小麦粉みたいな少数派は、かなりの希少価値としか言いようがありません。英だってかつては子役ですから、焼きだから短いブームで終わると断言するつもりはありません。ただ、過去の例を見る限りでは、日本が残りにくいのは日本でも海外でも同じ。アイドルより難しいように感じます。