キュウリと赤ピーマンの戦利品に恵まれた敬老の日

今日は敬老の日で祝日、田舎暮らしで日頃比較的外が静かな環境に居ますが、今日のような祝日は外は輪をかけて静かとなっています。
それでも太陽の日差しのギラギラさでか、なぜか騒がしいような気がしてなりません。
まだまだ真夏のような気候は一体いつまで続くのか、もうそろそろ引退して欲しい気持ちになります。
ですが、ここ最近の日照不足で全国的に野菜に生育が思わしくなく、供給量不足そして高値の傾向が続いているので、お日様の存在に感謝しなくてはいけないなあとは思います。
さて、今日はご近所の地元の野菜の直売所に足を運んでみました。
その直売所は、基本的に市場に出せないB級品でも新鮮といお買い得感一杯の野菜を販売しています
ですが今のご時世、そこでも勿論と言わんばかりに野菜の数は乏しく閑散としていました。
それでも私は幸運でした。
販売されている野菜は少なくてもその中から、生育不足の為に細くて短い”わけありキュウリ”一袋100円を一つ、そして赤ピーマン一袋100円も一つ購入でき、今の時期では立派な戦利品と喜んで帰ってきました。
赤ピーマンはトースターでよく焼くと、とろっと甘くなるので大好き、もう暫くしたら食べるのが楽しみです。
味付けは塩を軽く振る程度がおすすめです。
テックアカデミー Webデザイン 評判